ハーブ系  クラリセージ

科目   シソ科

抽出部位   花の先端と葉

抽出方法   水蒸気蒸留法

主な作用

神経を強化し安定させるのでイライラや感情的な緊張を抱えたと時に効果的。ホルモンバランスの乱れを調整する作用がある


〈心〉

緊張・不安・不眠・うつ状態・精神疲労・落ち込み・情緒不安定

精神的混乱や不安で行動できなくなった時に刺激と鎮静の両面の作用で緊張を和らげ多交換をもたらす。

〈体〉

更年期障害・月経痛・月経不順・おりもの・膀胱炎。冷え性・出産・高血圧・動悸・肩こり・筋肉痛・足の疲れ・腸内ガス・公コレステロール・頭痛

女性ホルモンに似た作用で月経周期の乱れ・閉経前後の不快な症状を緩和。出産準や出産時に使用される。

動悸や高血圧、不眠や腹部の膨満感・消化不良に役立つ。

〈肌〉

ヘアケア・ふけ・脂性肌・にきび

皮脂が過剰で皮膚や逃避が油っぽくなった時に。皮脂バランスを調整する。