柑橘系   マンダリン

科名   ミカン科

抽出方法 圧搾法

抽出部位 果実の皮

主な作用

周りや自分に優しく、気持ちを楽に微笑みや甘えることを思い出させてくれる。情緒不安定が見られるお子さんにも効果がある。


〈心〉

不眠・興奮・緊張・不安・恐怖・考えすぎ・うつ状態自律神経のアンバランス

交感神経を鎮静しリラックス効果が高い。些細なことで過敏になり疲労困憊してしまった時に。脳の安定を図るといわれ内分泌系の不調に使用される。

〈体〉

便秘・下痢・消化不良・食欲不振・高血圧・胃痛・しゃっくり・喘息の予防

ストレス性の胃炎や胃潰瘍、下痢と便秘を繰り返す、消化不良、吐き気、月経痛、腹部にガスがたまった時に。

〈肌〉

皮膚の老化防止・ニキビ・ヘアケア・脱毛・妊娠線予防・マタニティケア

皮膚軟化作用があり、肌を滑らかに整える。妊娠線の予防や脱毛の予防、ふけや油っぽい逃避のケアに。デオドラント効果もあり高齢者の体臭予防にも。