フローラル系  ローズゼラニウム

科目           フロウソウ科

抽出部位  花・葉

抽出方法  水蒸気蒸留法

主な作用

自治津神経・ホルモン・皮脂のバランスの調整。

引用作用や肌の若返り、抗菌・抗ウイルス・細胞促進・防虫作用


〈心〉

自律神経のバランスを調整によりストレス性の不調に効果がある

副腎や視床下部に働きかけ自律神経のバランスを調整し情緒不安定・更年期障害などに効果がある

〈体〉

生理痛・生理不順・更年期障害・利尿作用・肥満・むくみ

ホルモン分布を調整し、女性特有の症状生理痛・PMS/更年期障害・生理不順を緩和。

体内の余分な水分や老廃物を輩出しむくみや肥満の解消に効果が見込まれる。

〈肌〉

皮脂のバランスの調整・シミ・しわの予防・血行促進・抗菌・抗ウイルス

乾燥肌・脂性肌どちらもバランスを調整し潤いを与え若返効果がある。血行を促しシミやしわなどのスキンケアい効果的。

抗菌など細胞促進・止血・防虫効果もある。