ハーブ系   ローズマリー

科目    イネ科

抽出部位  葉・茎・花

抽出方法  水蒸気蒸留法

主な作用

気力がなく倦怠感がある時に。集中力や決断力がないときに脳の働きをクリアにする働きがある。


〈心〉

無気力・記憶・集中力の低下・神経衰弱

精神を高揚させ直感・ひらめきを促す。脳の決優良を増し記憶力や集中力を高める。

〈体〉

筋肉や間接の症状・肩こり・足の疲れ・ダイエット・消化不良・低血圧・副鼻腔炎・月経不順

神経痛など心拍を強め血流を促し筋肉痛、関節の痛み肩こり・足の疲れ・など筋肉を緩める効果がある。

〈肌〉

妊娠線・セルライト

妊娠線の防止で使用する際は神経に作用し流産を招く恐れがある為注意が必要。肥満児にみられるセルライト対策に。